独自の魅力を検証する

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

フラワー電報ならではの魅力としては、造花ではなく生花が電報と同時に相手に届き、フラワーボックス型にアレンジメントされた独自の設計は場所を取らず、開封からそのまま展示可能な機能面が見過ごせません。四季折々、メッセージの内容にマッチした新鮮な生花を、専門スタッフが厳選からアレンジメントを施す、2つと同じ内容は見当たらぬ、世界に1通だけのメッセージギフトは、受け取った全ての人の心に感謝と感動を確実に届けます

更に電報としての機能面に関しても、一般的な電報とは異なり、ボックスの蓋の面積を活用から、ラミネート加工でメッセージが貼り付けられ、十分な文字数の自身の言葉のメッセージを認める事が可能です。お祝いの花束あるいは花籠と電報が一体化した、シンプルなれど画期的なこのサービスは、登場以来数多くのリピーターを増やし続けているのも当然です。

但し生花を贈る以上、配達に際しては不在時の再配達からの手渡しが不可欠であり、マンションの不在宅配ボックスへの投函対応はありません。発送に際しては受け手の在宅時間帯をさり気なく確認しておくなどの配慮が求められます。また花の組み合わせなど、アレンジメントに関しては対応業者への一任基本となり、細かい品種の指定などは出来ない点も理解しておきましょう。

電報関連基礎知識

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

インターネットの普及に伴い、電報を実際に手配する経験、あるいは受け取ったを1度もお持ちでない方々の増加傾向が顕著となっています。今日電報は業務上あるいは義理絡み的なお付き合いに際してのアイテム的な要素が強くなってしまっており、やはり1番の理由として、携帯電話やメールが電報の即効性を上回ってしまった事と、私達の書面離れすなわち世の中のペーパーレス化の影響が見過ごせません。

ですが電報は用途に応じたパッケージのデザインを含め、受け手側の手元に「三次元の形として残るメッセージ」に違い無く、これはメールでは満たせぬ部分であり、電報ならではの大きな魅力に他なりません。繰り返し取り出して読み返せば、相手の「こころ」をより噛み締める事も叶い、こうした深い部分での気持ちの交流はやはり、手元の小さな画面に機械が映し出す字体には期待出来ない部分です。

電報発信は決して難しい作業ではなく、インターネット上でも関連基礎知識が紹介されていますので、雑学知識としてこの機会に直接確かめておかれる事をお薦めします。更に昨今人気のフラワー電報に関しても、豊富な見本画像を含めたオーダーフォームを備えた公式サイトが配信されています。今後皆さんが「こころ」を贈る際の選択肢としてチェックされておいて損はありません。

届けたい場面あれこれ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

「お祝い」「おくやみ」の気持ちを伝える方法として、電報が用いられる場面は数多く、結婚式の披露宴あるいは告別式のタイムテーブルの中には、届いたメッセージを紹介する時間が一般的に準備されています。ですがこれらの大半はテンプレートすなわち事前に用意された文章を、そのまま用いた内容が殆どであり、どこかしら形骸化した感が否めないのも事実です。特に「おめでとう」の気持ちを伝える場面に於いては、やはり自身の言葉を届けたいと思って当然でしょう。

更にはメッセージとは別に、お祝いの品物を届けるケースも数多く見られますが、一刻も早く文章すなわち書面にてメッセージを届ける電報と、吟味から手配が不可欠な品物を同時に贈り届ける事は、物理的に非常に困難です。結果日をあらためての訪問もしくは発送となり、贈る側と受け手側双方にとって、小さいながらも負担が否めないのも事実です。こうしたデメリットをクリアから、自らの言葉でメッセージを書面に、お祝いの気持ちを花束と電報を一度に届けられる画期的なサービスとして、フラワー電報が熱い視線を集めています。生花が入った箱の蓋の部分にメッセージが添付され、開封からそのまま飾る事が出来る設計で、結婚式会場から自宅内まで、場所を取らずの展示が叶うメリットも大きな魅力です。

人気のフラワー電報

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

インターネットの普及に伴い、それまで最も簡単便利な遠方とのコミュニケーションツールであった固定電話の減少傾向が加速する中、私達が「気持ち」「こころ」を伝える手段やスタイルもまた、変化を見せ続けています。年賀状や暑中見舞いなどの発送枚数は年々下降線を辿り、スマホを用い最新技術を駆使したメッセージが、加工された画像や更には動画を用いて送信されるなど、文字を綴った書面が登場する場面は、今後も着実に限られて行くと推察されています。

ですが一方でこうした世の中の動きに関係なく、確実なニーズが衰える気配さえ見せぬどころから、独自の市場を構築維持から更なる進化を見せ続けている、古くから存在するメッセージ伝達手段が静かな注目を集めています。他ならず「電報」がその手法であり、一般家庭に固定電話が普及する以前の昭和40年代頃までは、最も迅速確実な通信手段として活躍しており、至急電報を「ウナ電」と称したご記憶をお持ちの方々は、現在それなりの年齢を数えておられる事でしょう。

そんな電報もまた、今日時代に即した進化を見せ続け、一昔前では想像もつかなかったユニークなサービスで根強い人気を誇っています。ここではそうした中でも一際多くの利用者と受け手側の心を捉えるフラワー電報に視線を合わせ、その魅力やオススメの活用法など、知って得する雑学知識的な内容をお届けします。フラワー電報でご自身ならではの個性溢れるメッセージを、ぜひ大切な方に届けていただきたく、まずは最後までご一読をお願いします。