届けたい場面あれこれ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

「お祝い」「おくやみ」の気持ちを伝える方法として、電報が用いられる場面は数多く、結婚式の披露宴あるいは告別式のタイムテーブルの中には、届いたメッセージを紹介する時間が一般的に準備されています。ですがこれらの大半はテンプレートすなわち事前に用意された文章を、そのまま用いた内容が殆どであり、どこかしら形骸化した感が否めないのも事実です。特に「おめでとう」の気持ちを伝える場面に於いては、やはり自身の言葉を届けたいと思って当然でしょう。

更にはメッセージとは別に、お祝いの品物を届けるケースも数多く見られますが、一刻も早く文章すなわち書面にてメッセージを届ける電報と、吟味から手配が不可欠な品物を同時に贈り届ける事は、物理的に非常に困難です。結果日をあらためての訪問もしくは発送となり、贈る側と受け手側双方にとって、小さいながらも負担が否めないのも事実です。こうしたデメリットをクリアから、自らの言葉でメッセージを書面に、お祝いの気持ちを花束と電報を一度に届けられる画期的なサービスとして、フラワー電報が熱い視線を集めています。生花が入った箱の蓋の部分にメッセージが添付され、開封からそのまま飾る事が出来る設計で、結婚式会場から自宅内まで、場所を取らずの展示が叶うメリットも大きな魅力です。